アイドルネッサンスは、膨大なカバー曲の数とメンバーの純真さに注目!

2014年に結成された日本のアイドルグループ“アイドルネッサンス”は、現代のカルチャーと昔懐かしい曲を融合させて歌とダンスで表現する斬新な活動を行っています。

 

今回はそんなアイドルネッサンスのメンバー紹介とカバー曲を含む楽曲紹介を交えつつ、アイドルネッサンスについて掘り下げていきます。

アイドルネッサンスメンバーは透明感のある個性派ぞろい

まずメンバー紹介です。
アイドルネッサンス <出典:idolrenaissance.com>
現在6名が在籍しており、宮本茉凜・百岡古宵・石野理子・南端まいな・比嘉奈菜子、そして新井乃亜がリーダーを努めています。

 

全員平成生まれで出身地もばらばらですが、黒髪の清楚で素朴な雰囲気と努力家な面がファンの心を掴んでいます。

<出典:www.youtube.com>
メンバーの他に候補生と呼ばれるアイドルの卵が存在し、随時正式メンバーへの加入が行われています。プロジェクト開始から応援団としてお笑い芸人のAMEMIYAやオテンキ、小梅太夫などがバックを支えています。


アイドルネッサンスがカバーする多くの懐メロに老若男女が震える!

次に楽曲紹介です。

 

グループのテーマが“名曲ルネッサンス”とあり昔懐かしい曲をカバーすることが主で、代表曲としてBase Ball Bearの名曲“17才”、東京スカパラダイスオーケストラの“太陽と心臓”、大江千里が1987年に発?表した“YOU”、the pillowsが1999年に発表した“Funny Bunny”、村下孝蔵の“初恋”などが彼女達らしさを取り入れてカバーされています。

<出典:www.youtube.com>
小泉今日子や国生さゆりなど過去にアイドル活動をしていた歌手の楽曲にも挑戦しています。

 

プロモーションビデオは学校で撮影されることが多く、ロックな曲やポップな曲に爽やかなエッセンスがプラスされています。


アイドルネッサンスは曲ごとに多くのアーティストと関わるアイドル!

都内を拠点に活動している彼女たちは、ライブ活動の他にテレビ・ラジオ出演や他グループのミュージックビデオに参加するなど多岐にわたって活躍しています。
>
<出典:www.youtube.com>
海外アーティストとコラボレーションする事もあり、英国のシンガーソングライター“オリー・マーズ”とはメンバーの石野が単独でコラボレーションを果たしました。

 

オフィシャルブログのこまめな更新からも、彼女達の性格の良さとコンセプトを打ち崩さない姿勢が見て取れます。曲だけではなくフォトセットも発売されており、個々の少女の魅力を感じることがアイドルネッサンスの注目するポイントです。

名曲は何度聞いても名曲のまま


<出典:www.youtube.com>
過去に発表された曲をアイドルが再度カバーする事によって、より現代に馴染みやすく変化すると共に原曲を知りたいという好奇心も生まれます。

 

アイドルネッサンスが音楽界の歴史の架け橋となり、また成長する彼女達を見守る事が人々に心のゆとりをもたらす良い機会になるのかもしれません。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アイドルの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!