AKB48グループの変化球投手!?SKE48松村香織の活躍を振り返る!!

今年、選抜総選挙13位に入りその存在感が徐々に大きくなりつつあるSKE48の松村香織。
松村香織 <出典:girlschannel.net>

かつての終身名誉研究生という肩書が示す通り、アイドル候補生達がうずまくAKB48グループの中で一種独特の存在感を発揮している彼女の魅力は一体どこにあるのでしょうか。

これまでの活躍を振り返る事で、その答えを探してみたいと思います。

 

研究生の壁に悩まされ続けた初期の松村香織

SKE48メンバーの3期生として2009年に加入、翌2010年に公演デビューした松村香織。

加入前は秋葉原の有名メイド喫茶でバイトをしており、メディアへの取材にも代表の1人として参加、この頃の経験がアイドルとしての下地を作ったと言えます。
松村香織 <出典:ske48encra.doorblog.jp>

しかしデビュー当初は「研究生」の壁に大いに悩みます。
同期メンバーが次から次へと研究生から正規メンバーに昇格していく中、松村香織だけはなかなかその地位から抜け出せず、苦しい思いを研究生ブログに吐露したりもしました。

その流れが変わるきっかけとなったのが「グーグルプラス=ぐぐたす」へのマメな投稿だったのです。

 


飛躍のきっかけ、ぐぐたすでのユニークな展開


2011年末開始された48グループメンバーのSNS「グーグルプラス」
松村香織はSKE48メンバーで初めて動画投稿を行うなど、積極的な情報発信をしました。

「松村香織の今夜も1コメダ」と題されたほぼ毎日にわたる投稿は、メンバーとの仲の良い様子や、公演の裏舞台の撮影などファンの興味を引くに十分な充実した内容のものであり、その活躍ぶりが認められ「ぐぐたす選抜」なるものに抜擢され、本業のアイドル活動も露出が多くなりました。
松村香織の今夜も1コメダ <出典:0qohu.blogspot.com>

一方で地位は「研究生」のまま変わりませんでしたが、その現状を逆手にとった運営側は2013年に松村香織を「終身名誉研究生」に任命。本人もポジティブに受け入れ、まさに自虐的な独自路線でさらに新しいファン開拓をするのです。

 

さらなる自虐路線と終身名誉研究生から卒業した今後

自虐路線は拍車がかかり、とあるメディアでは「ブスを売り物にするアイドル」として取り上げられ、薄毛気味の頭髪部分を強調したノーメイクの投稿写真が紹介されたときはどよめきが上がったほどですが、逆にそれがさらなるファンの好感度アップにつながります。
松村香織 <出典:gassan-life.com>

総選挙でも着実に順位を上げ、2015年にはついにシングル選抜に選ばれる13位を獲得。
メジャーアイドルへの階段を一歩ずつ上がっている彼女ですが、一方で同年、2015年サプライズ人事異動の発表において、2年間慣れ親しんできた「終身名誉研究生」の肩書が外れ、正規メンバーへの昇格が発表されたのです。
松村香織 <出典:kendesu0409.wordpress.com

自分を飛躍させるきっかけともなった肩書を外すべきか悩みましたが、申し入れを受諾。
終身名誉研究生のたすきをはずすセレモニーまで行われ、松村香織はまさにこの瞬間、新たなステップへの階段を上り始めたのです。

 

異色アイドルの楽しみな今後

松村香織 <出典:www.oricon.co.jp>

以上見てきたように、松村香織は「研究生」というAKBグループ独自の身分を世に広める役割を果たしました。

当初は壁を破れず悩み、ついには「終身名誉研究生」という自虐的な肩書をもらい、しかしこの状況をポジティブにとらえることで道を切り開きました。この肩書がとれた今後の新たなる展開が楽しみです。

タグ SKE48
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

48グループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!