7,030 views

ポップスの女王「マドンナ」今も歌い継がれる名曲は1980年代に

1982年のデビュー以来、50歳を過ぎた今も第一線を走り続け、数多くのヒット曲を持つ「ポップスの女王」ことマドンナ。

マドンナ <出典:http://matome.naver.jp/odai/2137122814075019701/2137156704848071003>

そんな彼女の名曲たちは初期に集中して生み出されているのです。

初期の傑作はやっぱり「ライク・ア・ヴァージン」


ニューヨークのクラブを中心に活動していたマドンナは、1983年に「バ-ニングアップ」というアルバムでデビューします。

当時から軽快なダンスポップを得意としていました。

そして、2枚目のアルバム「ライク・ア・ヴァージン」を発売したことで注目されるようになり、「マテリアル・ガール」などの名曲が誕生しました。

特にアルバムタイトル曲でもある「ライク・ア・ヴァージン」は、今もテレビやラジオで流れています。

ライク・ア・ヴァージン <出典:http://www.suruga-ya.jp/product/detail/221064796000>





大人の女らしさを出した「トゥルーブルー」


トゥルー・ブルー <出典:https://en.wikipedia.org/wiki/True_Blue_(Madonna_album)>

「ライク・ア・ヴァージン」の成功でポップス界のトップに立ったマドンナは3枚目のアルバム「トゥルー・ブルー」で路線転換を図りました。

ちょっとやんちゃな女の子のイメージから、大人の女性らしさを前面に出した曲を歌うようになったのです。俳優のショーン・ペンと結婚したことも、少しは影響したのでしょう。

ライブで好評の「オープン・ユア・ハート」、しっとりとした雰囲気とフラメンコギターが印象的な「ラ・イスラ・ボニータ」など、従来の路線に色気をプラスしたこのアルバムによって彼女の人気は不動のものとなりました。

マドンナの最高傑作は「クレイジー・フォー・ユー」


クレイジー・フォー・ユー <出典:http://laughy.jp/item/556bf7a20cf23b5fe0acaad2>

これまで数多くの名曲を世に出してきたマドンナですが、彼女の最高傑作はどのアルバムにも入っていない「クレイジー・フォー・ユー」ではないかといわれています。

この曲は『ビジョン・クエスト/青春の賭け』という青春映画の主題歌として歌われました。

映画自体は日本ではそれほどヒットしなかったのであまりご存知でない方もいるでしょう。しかし、マドンナが歌った主題歌「クレイジー・フォー・ユー」は大ヒットし、初期の代表曲となっています。


ヒット曲に恵まれているマドンナだけに、どの時代にも名曲と呼ばれる曲が数多くあります。たくさんの記録を打ち立て、成功を収めた彼女がこれからも社会に与える影響は計り知れません。

カテゴリー

この記事を見た人はこんな記事も見ています

POPSの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!