世界的なロシアの指揮者ワレリー・ゲルギエフがってどんな人?

世界的に有名なロシアの指揮者ワレリー・ゲルギエフさんが2016年に来日予定とのニュースが舞い込んできました!

日々忙しく世界中を駆け回って演奏の指揮をとる彼はどんな人なのでしょうか?

【ワレリー・ゲルギエフさんプロフィール】


ワレリー・ゲルギエフ <出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%A8%E3%83%95>

ワレリー・ゲルギエフさんは1953年5月2日生まれで出身はロシアモスクワ。レニングラード音楽院の出身です。

彼の指揮は非常に繊細なもので指揮棒は使わず行われることがよくあります。しかしたまに爪楊枝のようなとても小さい指揮棒を振っていることもあるのだとか。

【追悼やチャリティーのためのコンサートも多数】


ワレリー・ゲルギエフ <出典:https://www.japanarts.co.jp/artist/artist_detail.php?id=55>

コンサートなどを通じ国際平和を訴えたり発言を行ったりする機会も多い人で、「北オセチアに捧げる心の支援」と題したチャリティーコンサートを行ったこともあり、

その直前新潟県中越地震が起きたために収益の半分を被災地へ寄付したという話もあります。

その他にも多数国際平和のために行っているコンサートなどは多くあります。

出身地である南オセチアが軍事侵攻された時には、その直後にマリインスキー劇場管弦楽団を率いてツヒンヴァリを訪れて追悼コンサートを指揮しました。

また、ゲオルク・ショルティが「音楽が持つ、平和の使節としての特別な力」を表すべく設立したワールド・オーケストラ・フォア・ピースの指揮者にも遺志を引き継ぎ就任しています。

音楽は人の心を癒したり元気づけたりしてくれる存在ですが、さらにその上を行って平和のために役立つ力にすることができるのがワレリー・ゲルギエフさんのすごいところではないでしょうか?

芸術で世界を平和にしていくことができたら、とてもステキなことですよね。





【ワレリー・ゲルギエフさん来日予定!】


ワレリー・ゲルギエフ <出典:http://iclassic.jp/mag/archives/1097>

多忙に世界中を走り回って指揮をするワレリー・ゲルギエフさんが2016年に日本へやってくる予定が組まれています。

日々多忙になるという彼の忙しいスケジュールの中に組み込まれた貴重な演奏会ですよね。

世界的に有名なワレリー・ゲルギエフさんが指揮をとるからこそ、その曲のスケールの大きさや壮大なドラマを表現され、聴衆は感動的な世界にひたることができるのです。

彼が指揮をふるオーケストラの演奏を聞けば、指揮者はただリズムをとっているだけの存在では全くないことがわかるはずです。

今までクラシックを楽しんできた人もそうでない初心者も、彼の指揮によるオーケストラを聞けば真実味のある壮大な世界に引き込まれること間違いなしです。

とても人気のある指揮者なので、来日の機会も貴重。チケットの取り逃しがないよう早めにチェックしておきましょう!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

クラシックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!