2,624 views

代表曲で世に知らしめた美声の主!米良美一の魅力は、彼の人生にあった!

代表曲となった宮崎駿の大ヒット映画の主題歌により、多くの人たちに感動と驚きを与えた美声の持ち主、米良美一のプロフィールとともに、彼に襲い掛かった病と奇蹟の復帰、そして、彼の美声の秘密ともいえる紆余曲折の人生をご紹介します。








あの美声を作り出した米良美一の半生とは

デビューシングルにして代表曲となった映画の主題歌により、一世を風靡した米良美一は、その人気により一躍国民的歌手となりましたが、彼は、日本のみならず、世界的にも高い評価を受けているカウンターテナー歌手です。

1971年に宮崎県西都市に生まれた米良美一は、生まれつき、2万人に1人ともいわれている先天性の骨形成不全症という難病を患っていました。この病気の症状の一つでもある成長障害により体が小さかった米良美一は、子供の頃にいじめを受けたていたこともありました。

地元の小学校から入学拒否をされた7歳からは養護学校の寄宿舎生活を送りますが、当時から歌が好きで、さまざまなジャンルの音楽に触れていたと言います。




米良美一
<出典:pocoda.ti-da.net/>





高校に入ると、裏声の基礎作りともなった松田聖子の歌真似をして過ごしたものの、将来はクラシック歌手になりたいと思うようになります。そして、その夢への第一歩として、周囲の助けもあり、大学は東京の音楽大学へ入学します。





大学在学中に、自らの高い声により、裏声で女性のような高音域を歌えることに気付き、カウンターテナーとしての道を目指すことを心に決め、現在の美声が多くの人に知られることとなりました。




米良美一
<出典:www.big-i.jp>







壮絶な人生に見る努力の人、米良美一のデビュー、そして、病に倒れるまで。






米良美一は、子供時代について、その後、世を恨んだこともあると公言していますが、そのさまざまな苦労と、見返してやるという気持ちの強さ、それに負けずに頑張ってきた彼の努力が、あの美しい歌声を作り出したとも言われています。

1994年に大学を首席で卒業すると、その年、早くも古楽のコンクールで最高賞を受賞します。翌年、歌曲のコンクールで入賞を果たし、オランダの政府給費留学生としてアムステルダムの音楽院に留学した1996年には、アルバムを出し、ベストセラーとなります。

また、このアルバムは、あのヒット映画の主題歌を歌うきっかけとなりました。ラジオで聴き、感銘を受けた宮崎駿監督により、主題歌歌手として起用されると瞬く間に、お茶の間の人気を集め、広く名が知られることとなります。

さらに、ヨーロッパや国内で披露した美声は各地で高い評価を受け、演劇、CM出演など活躍の幅を広げていきます。また、代表曲の一つとなった映画主題歌は、ゴールドディスク大賞アカデミー賞協会特別賞の主題歌賞を受賞します。

しかし、この頃から、強いプレッシャーを感じ、声が出ないという症状が出始め、大きな挫折を味わうこととなります。






米良美一
<出典:office-forte.com>







挫折と病、そして、奇蹟の復帰へ

精神的な原因から出なくなっていた声も、5年の歳月を経て、ある曲と出会うことで、転機を迎えます。それが、美輪明宏「ヨイトマケの唄」です。テレビでたまたま聴いたこの歌の歌詞が、家族との思い出と重なり、強い共感を覚えた米良美一は、コンサートでも持ち歌の一つとして歌っています。

子供時代の家族との苦労した思い出と重なる歌詞が綴られたこの曲を、ある時、コンサートで披露したことで、長い間、自らに圧力をかけていた子供時代の辛かった思い出や、長く持ち続けていた身体的コンプレックスなどから解き放たれたと、後に振り返っています。




ヨイトマケの唄
<出典:miracleakko.seesaa.net>




その後は、講演会などで自らの経験を話すなど、活躍の場を更に広げ、本職の歌でも活動を続けていましたが、再び、不幸が彼を襲います。

2014年12月に、くも膜下出血により、自宅で倒れているところを発見されます。緊急手術を受け、奇跡的に意識は戻ったものの、翌年の1月には、以前にも受けたことのある水頭症の手術を行うこととなります。

しかし、米良美一は、重なる不幸にも負けず、その後、身体と歌のリハビリに努め、同年9月に行われた公演で、奇蹟の復帰を遂げ、待ち望んでいたファンを喜ばせました。





米良美一
<出典:www.youtube.com>






米良美一、彼から生まれるあの美声の魅力とは

あの美しい声の裏には、米良美一が歩んできた人生の辛苦や努力、さまざまな想いが隠されています。多くの経験をしてきた彼から生まれた深みのある歌声は、それゆえに、多くの人の心に響き、「天使の歌声」と評されているのかもしれませんね。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

クラシックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!