指揮者・川瀬賢太郎の経歴やプロフィールとは!評判まとめ

指揮者として活躍している川瀬賢太郎さんですが、その経歴やプロフィールについて知らないという方も多いかもしれません。

そこで、今回は彼の経歴やプロフィール、評判などについてまとめていきます。日本を支える指揮者だけに、注目したいところです。

川瀬賢太郎のプロフィール


川瀬賢太郎 <出典:http://tvuch.com/social/199/>

川瀬賢太郎さんは、東京都出身の指揮者であり、私立八王子高等学校の芸術コースを卒業しています。

2007年には音楽の名門である東京音楽大学音楽部音楽学科作曲指揮専攻を卒業しています。実際にそこで身に付けた実力は、他の音楽家からも認められており、指揮者としての能力は常に成長し続けていると言えます。

近年は様々な実績を残しながら、ピアノ及びスコアリーディングの島田玲子さん、指揮を広上淳一さん、汐澤安彦さん、チョン・ミョンフンさん、アーリル・レンメライトさんなどに師事をしたことでも知られています。

川瀬賢太郎の経歴


川瀬賢太郎 <出典:http://classic.ikemen.ch/tag/%E5%B7%9D%E7%80%AC%E8%B3%A2%E5%A4%AA%E9%83%8E>

川瀬賢太郎さんは1984年に東京都で誕生し、高校までは普通の学生として成長してきました。その中で音楽に魅力を感じ、高校は私立八王子高等学校に進学しています。

2006年10月には東京国際音楽コンクールで1位なしの2位に入賞しているのも功績として残っています。この時、1位はなかったため2位が実質最高位となっています。

その後、2007年には東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻を卒業し、指揮者としての道を歩み始めます。既に大学生の時から実力を認められており、その功績は今でも数多くの実績に繋がっています。

さらに2011年には名古屋フィルハーモニー交響楽団指揮者に就任し、数々の指揮を担当、その後2014年4月には神奈川フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者にも就任しているのです。2016年には第26回出光音楽賞を受賞しています。





川瀬賢太郎の評判


川瀬賢太郎 <出典:http://www.orchestra.or.jp/orchestraday2016/>

彼は指揮者としての評判も非常に高く、優れた指揮者として常に活躍しています。指揮においては独特の感性とセンスを持っており、それぞれの楽団からの評価も高いです。

音楽界の内外から評価されていて、近年の評判はさらに高くなっていると言えるでしょう。

時代を経て、経験を経て、彼は今でも常に成長している指揮者であり、その功績はこれからもより色濃く残っていくと言えます。


指揮者として常に音楽界の最前線を走っている彼は、その実力を認められています。

だからこそ、様々な楽団での指揮を担当するようになっていて、それ自体が彼の功績や実績に繋がっているのです。今後も活躍はさらに広がりを見せていくことでしょう。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

クラシックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!