リラックス効果抜群!!初心者でも聴きやすいクラシックを紹介します

クラシックが苦手だなという方・聴いた事がない初心者の方。

 

クラシックには、聴いているだけでリラックス効果を得られる定番の名曲がたくさんあります。朝出掛ける前の1分でもクラシックを聴いて、頭をスッキリさせませんか?初心者の方でも聴きやすい名曲を紹介します。

ピアノ <出典:hideichi.com>
 

モーツァルトの名曲はリラックス効果最強!!

モーツアルトの曲は、リラックス効果が特に優れている事は有名です。脳を刺激し、精神を安定させる働きをします。
イライラやストレスを落ち着かせます。また、認知症患者の音楽療法にも利用されています。

 

初心者におすすめな曲は、セレナードの1つである「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」です。

非常に有名な曲でセレナード第13番とも呼ばれます。


 

 

次に「きらきら星変奏曲」もおすすめで小さな子も聴きやすい曲です。癒されたい時にお子様と一緒に聴いてみてはいかがですか?




 


バッハの名曲「G線上のアリア」


ヨハン・ゼバスティアン・バッハの「G線上のアリア」です。曲名は、ヴァイオリニスト、アウグスト・ウィルヘルミによる編曲からきています。
この曲は、ドラマやCMで流れているのでよく耳にします。ベースの進行を聴いているとだんだんと落ち着いてきます。




 

クラシックで聴くのが苦手な方は、海外でこの曲をベースに取り入れている方がいます。Sweetboxの「Everything's Gonna Be Alright」もおすすめします。

 


アーティストが取り入れている楽曲多数!ヨハン・パッヘルベル「カノン」

ヨハン・パッヘルベル作曲の「カノン」。カノン様式の作品です。
三声に通奏低音を伴う単純な同度カノンの音を聴いているだけで癒されます。



 

J-popでこの名曲をベースにしている作品があります。山下達郎の「クリスマス・イブ 」には、間奏に彼自身の多重コーラスによるパッヘルベルのカノンが引用されています。




 

また最近では、加藤ミリヤの「Love is...」。どちらの曲も癒されリラックス出来ます。初心者の方は、こちらもおすすめの曲です。



 

薬のCMで使用!!エルガー「愛の挨拶」

2007年頃に薬のCMで起用されたエルガー「愛の挨拶」。耳にした事がある名曲です。



 

優しいピアノの音色とゆったりとしたメロディーがリラックス効果を発揮します。

 

キャロライン・アリス・ロバーツとの婚約記念に贈った曲という事もあり聴いているとだんだん気持ちが温かくなります。

 

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

クラシックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!