共演者からわかる!心優しきハンサム・小野大輔さんの人気の理由

全国の小野さんファンの皆様、こんばんもす!

オリオンの夜 <出典:http://www.animatetimes.com>

11月になって寒さも増してきた今日この頃ですが、今日は人気声優・小野大輔さんのNEWシングル「オリオンの夜」発売日。
久しぶりのバラード、何やらセクシーなジャケット… 既に期待度MAXの方も多いのでは?

「オリオンの夜」発売を記念して、今回は小野さんの性格がよくわかるエピソードを厳選してご紹介します。

演じるキャラはいつも主役級!小野大輔さんのプロフィール


小野大輔 <出典:prcm.jp>

男性声優の中で安定した人気を誇り、他の人に追随を許さないほど多くのファンを持つ小野大輔さん。
代表作は、
古泉一樹(涼宮ハルヒの憂鬱)
セバスチャン・ミカエリス(黒執事)
緑間真太郎(黒子のバスケ)
古代進(宇宙戦艦ヤマト2199)
空条承太郎(ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース)
エルヴィン・スミス(進撃の巨人)
松野十四松(おそ松さん)

など、他にも多数。どの作品も社会現象になるほどの人気作ばかりで、小野さんが演じるキャラクターはどれもその作品のメインキャラであったり、物語の鍵を握っている人物と重要な役ばかり。

これら全てを見事に演じきる小野さんは5月4日生まれの高知県出身、愛称は「小野D」。実家は「小野家具」という家具屋さんであることが知られています。

声優界きっての「ハンサム声優」として知られている小野さんは、その外見とは裏腹にイベントやラジオでは積極的に立ち回ってお客さんを笑わせるムードメーカー的な立ち位置であることと、芯に持つ彼のかっこよさのギャップが魅力の一つです。しかし、性格はかなりの人見知りなようで、未だに雑誌などで写真を撮られることが苦手だそうです。

そんな小野大輔さんの優しい人柄を、彼の出演アニメ・イベント共演者の話から解明していきましょう!




感動のばらかもん、そして原涼子ちゃんとの親子のような絆

近年の小野さんの活動にとって大きな転機となったのは、2014年に放送した、小野さんが主人公である半田清舟を演じたアニメ『ばらかもん』です。この作品は、小学生のキャラクターは全員子役を起用し、特に『ばらかもん』のもう一人の主人公である琴石なるを演じた子役・原涼子ちゃんの等身大の演技が良いと話題になりました。

作中では、清舟となるは「せんせい」「なる」と呼び合い、二人の「友達とも親子とも違う不思議な関係」に観ているこちらが毎回ほっこりしてしまいます。演じている小野さんと涼子ちゃんも、実際にお互いを「せんせい」「なる」と呼び合っており、その仲良しすぎる関係がまるで親子を見ているようだと言われていました。

発売中のばらかもんのアニメ円盤には、そんな二人が作品の舞台となる長崎県・五島列島を楽しそうに旅する「おのせんせい/はらすずこの五島ばらか旅」の様子が収録されています。プロモーションビデオを見るだけで、二人の絆がどれだけ深いか一目瞭然!観た人の心を一瞬で癒やしてくれます。


そんな二人の関係は、小野さんがパーソナリティを務めたばらかもんのWEBラジオ『らじかもん』でも。
らじかもんの最終回は、ゲストに琴石なる役の原涼子ちゃん、同じく子役で久保田陽菜役の遠藤璃菜ちゃんと大浜謙太郎役の木村聖哉くん、そして山村美和役の古木のぞみさんが登場。今までのばらかもんでの想い出を子役の三人が作文にして朗読しました。


この作文がどれもとても想い出にあふれたものばかりで、作文を読んでいた涼子ちゃんが途中で泣き出してしまい、最終的には小野さんをはじめラジオに出演した全員が泣き出してしまうという感動の最終回に。聞いているこちらも感動してしまうこの最終回は、これを聞いて泣かない人はいない神回と言われました。

台本があってこうなったわけじゃ決してない、涼子ちゃんやばらかもん出演者みんなの「終わってしまうのが辛い!」という純粋な気持ちが強く現れているところに胸を打たれる人が多数。是非一度聞いてみてはいかがでしょうか。



ばらかもんの打ち上げでも、感動で泣いてしまったという小野さん。作品のイベントでは8時間かけてばらかもん共演者やスタッフ全員の名前を一枚の大きな書道にしたためたものが舞台上に飾られ、一つの作品を愛し真摯に向き合う姿も見られました。ばらかもんは、涼子ちゃんや共演者によって、小野さんの心優しい一面がさらにうかがえた素敵な作品です。




声優仲間から語られる小野大輔

小野大輔 <出典:http://seiyu-tv.com/>

小野さんの人柄は他の声優仲間からもわかるようです。長年一緒にラジオをしている神谷浩史さんは、いつも小野さんについて雑誌などで聞かれると「特にありません」などとそっけない回答を繰り返していましたが、このラジオの派生イベントの際にはこんな発言をして、多くのファンを沸かせました。


また、小野さんは「みんなをまとめるしっかり者!」という性格ではないようですが、よくリーダーを任されることが多いです。

彼は午年の同い年男性声優七人組のユニット「DABA(Dは反転)」でもリーダーを務めており、男性声優四人がホストとなって年末に行うライブ「おれパラ」では、2014年より初代リーダーであった岩田光央さんのあとを継いで二代目おれパラリーダーとなりました。2013年に岩田さんが卒業する際も涙ながらに送り出し、卒業する岩田さんの方に逆に慰められていた様子。

2015年のおれパラでも「新リーダーのための洗礼」と題し小野さんに「アンコール一曲目でホスト四人が舞台に上がる演出のはずが、小野さん以外に舞台に上がるホスト三人は実は全くの別人」というドッキリが仕掛けられました。しかし、小野さんは仕掛けられたドッキリに途中まで全く気づかずに騙されっぱなし。

その後登場したホスト三人を見て笑いながら膝から崩れ落ち、その後ホストの一人である鈴村健一さんがついた嘘もすぐに信じてしまい、しばらく人間不信になるというオチがつきました。小野さんの素直な人柄が、彼をリーダーにさせるのだということがよくわかりますよね!




おおらかで、愛され末っ子気質なリーダー小野大輔


おれパラではダンスも披露する小野大輔さん。そんな彼の後ろで踊るダンサーさん四人は「チームD」と呼ばれています。チームDの中にはもう何年も小野さんのバックダンサーを務めている方もおり、彼らと小野さんの絆も深いようです。

2015年のおれパラでは、そんなチームDから今までの小野さんとチームDの想い出の写真を散りばめたフォトフレームをチームDからプレゼントされ、思わず泣いてしまったと話していました。

みんなを引っ張っていくリーダーではなく、みんなに愛されるリーダーである小野大輔さん。
原涼子ちゃんやチームDのダンサーたちなど、そんなみんなに愛されている彼に関係する人物が多く登場するのが「ヒーロー」という楽曲です。



いつもは何かをフラれると積極的にボケるスタイルで、ちょっとMっ気を見せる受け答えには神谷さんから「気持ち悪い」と罵倒されたり肩パンをくらったりしているお調子者ポジションな一面もある小野大輔さんですが、この曲を聞いたら、きっと小野大輔さんが人気である理由がわかるはず!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!