ドラマ化に続いてアニメ化が決定した「すべてがFになる」の内容とは?

すべてがFになる
<出典:livedoor.blogimg.jp>




2014年にドラマ化された「すべてがFになる」、2015年の10月からアニメが放送されることになりました。では、アニメ版「すべてがFになる」の内容やキャスト、注目の主題歌はどうなるのでしょうか?



「すべてがFになる」はどういう話?

同名小説が原作の「すべてがFになるのアニメ」は、2015年の10月8日より放送されます。フジテレビ系列で、毎週金曜日0:55~の放送になります。



「すべてがFになる」の主要キャラクターは、犀川創平西之園萌絵です。大学の教授である犀川の研究室に勝手に出入りしている西之園が不可解な事件に巻き込まれ、事件を解決していくストーリーになっています。また2人以外にも、幼い頃から孤島で生活している天才プログラマーが物語の鍵を握っている重要人物として登場しています。



犀川創平
<出典:livedoor.blogimg.jp>




西之園萌絵
<出典:livedoor.blogimg.jp>




「すべてがFになる」で声優を務めるのは誰?


アニメ「すべてがFになる」で犀川創平の声優を務めるのが、加瀬康之です。数多くの映画吹き替えで活躍されている方ですが、多くのアニメ作品の声優も担当されています。NARUTOの主要キャラクターの1人、カンクロウの声優も務めています。


加瀬康之
<出典:www.animate.tv>




西之園萌絵の声優を担当するのが、種崎敦美です。テレビアニメの声優だけではなく、ゲームの声優やドラマCDなど、様々な分野で声優として活躍している方です。そのほかにも木戸衣吹咲野俊介などがアニメの声優を担当します。


種﨑敦美
<出典:www.animate.tv>




「すべてがFになる」で主題歌を務めるのは誰?


アニメ版「すべてがFになる」で主題歌を担当するのが、4人組のバンドKANA-BOONです。KANA-BOONの「talking」という曲が、オープニングテーマとして起用されています。KANA-BOONは、過去にもNARUTOのアニメ主題歌、BORUTO -NARUTO THE MOVIE-で映画主題歌を担当した実績があります。

一方、エンディングテーマがシナリオアートの「ナナヒツジ」です。シナリオアートは、2014年にメジャーデビューしたバンドです。



SEO的な画像名
<出典:http://natalie.mu>




原作ファンからも注目が集まるアニメ版!


「すべてがFになる」は、原作の小説ファンや、ドラマ版を見て好きになったファンからも注目されています。原作ファンの期待を裏切らない、アニメ化となるかどうか要注目ですね。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!