31,664 views

20代特撮ヲタが選ぶ!スーパー戦隊主題歌の名曲TOP10

日曜朝と言えばプリキュアに仮面ライダー、そしてスーパー戦隊などなど子供はもちろん大きいお友達まで夢中になれる本当のゴールデンタイム!

現在7:30~放送されているスーパー戦隊シリーズ40作目『動物戦隊ジュウオウジャー』では、堀江美都子さんがゲストシンガーとして参加したOP曲でも話題になりましたね。

スーパー戦隊シリーズって実は名曲ばかりで、子供向け番組なのになんでこんなに作りこまれた曲が多いんだ!?と頭を抱えたくなるほどなんです。

今回はそんな名曲の中から、20代女性特撮ヲタな筆者が選ぶ

スーパー戦隊シリーズの名曲ランキングTOP10

をご紹介していきます!


スーパー戦隊シリーズ名曲TOP10⇒6

■10位 恐竜戦隊ジュウレンジャー
『恐竜戦隊ジュウレンジャー』


イントロのぞくぞく感からこれぞ戦隊!な耳に残るサビが印象的ですね。歌が入っていない部分のテーマパーク感がとにかくいい。

のちに『パワーレンジャー』として世界中に戦隊シリーズを広めた立役者とも言えるジュウレンジャーからOP曲『恐竜戦隊ジュウレンジャー』を10位に選びました!


■9位 鳥人戦隊ジェットマン
『鳥人戦隊ジェットマン』


じぇっと~!じぇっと~!じぇっとま~~ん!

アニソンでお馴染みのJAM Project影山ヒロノブが歌唱を担当。この曲でゴールドディスク大賞「アルバム賞学芸部門」も受賞し、影山ヒロノブの名を一躍有名にした一曲でもあります。アツく正統派なこちらのOPは年月が経っても色あせることはありません。





■8位 炎神戦隊ゴーオンジャー
『炎神戦隊ゴーオンジャー』


印象的な合いの手がサビで入り、みんなで盛り上がれるような平成戦隊シリーズの王道タイプな楽曲ですが、手がけているのはProject.R。彼らはシンケンジャーやゴーカイジャーなど多くの戦隊シリーズの楽曲も手がけています。

スーパー戦隊シリーズの主題歌がオリコン週間ランキングに初めてベスト10入りした記念すべき曲でもありますね。いい意味でありきたりな大サビの転調はアツい。


■7位 獣拳戦隊ゲキレンジャー
『獣拳戦隊ゲキレンジャー』


作品のモチーフが中国武術だったことイントロから中国っぽい音が鳴っています。

戦隊シリーズには珍しいマイナーコードのみの楽曲ということで、それ故に他の戦隊シリーズの楽曲とは少し違った印象になりますね。同時に放送されていた「仮面ライダー電王」とともに特撮シリーズの新世代到来とも言える高い人気を誇っています。


■6位 天装戦隊ゴセイジャー
『天装戦隊ゴセイジャー』


イントロからすでに神。Project.Rさん本当に良い仕事をなさいます。歌詞のない部分、イントロと間奏がいい曲はなぜかどれも名曲です。

もちろん歌詞も涙がでるほどに良くて大人になった今聴くからこそ、思わずじーんとしてしまうかも。よし、頑張ろうと背中をぽんっと押してくれるような一曲です。





スーパー戦隊シリーズ名曲TOP5⇒3

■5位 侍戦隊シンケンジャー
『侍戦隊シンケンジャー』


名曲と名高いシンケンジャーOP楽曲は、戦隊にあまり興味がない人でも聴いたことがあるという人も多いはず。

こちらもProject.Rのサイキックラバーが手がけていることで、サビの合いの手が子どもたちにも大人気でした。オリコン週間ランキングは6位を獲得、「レコチョクアワード年間最優秀賞2009」でも名だたるアニソンたちを抑え1位を獲得しました!あっぱれ!!

■4位 忍者戦隊カクレンジャー
『シークレット カクレンジャー』


和モチーフなのに歌詞やタイトルが英語なところがニクい。そのくせ楽器は和楽器を使っているところがニクい。あまりにメロディーがかっこよすぎるところがニクい。

この曲はBメロでおお!?ってなり、サビの歌詞でおおwwってなるんですよ。(伝われ)なぜだか異色な戦隊シリーズはかっこいい楽曲が当たることが多い気がします。タイトルが戦隊自体の名前ではないことに加え、曲の終わりがフェーズアウトなところも珍しい一曲です。


■3位 海賊戦隊ゴーカイジャー
『海賊戦隊ゴーカイジャー』


戦隊シリーズ35作目となったゴーカイジャーはこれまでの34戦隊たちの姿に変身するという、いわば現在までの40作のなかでもとにかく異色な存在。

ですが楽曲は至って王道。そこがいい。遊園地でヒーローショーをやってる場面が想像できそうなノリが良くて音ハメが気持ちいい。筆者はこの曲の1番のAメロの入り方が大好きです!!






2位はデジタル要素満点な彼らの曲!

■2位 電磁戦隊メガレンジャー
『電磁戦隊メガレンジャー』


ニチアサ=戦隊シリーズを定番化させたメガレンジャーのOPを2位に!

戦隊シリーズの楽曲の中でもトップクラスの楽曲。特撮というよりかはアニソンにちかいスピード感と耳に残る歌詞。OP映像と素晴らしくマッチしていました!

スピード感たっぷりなメロディーに加え、歌詞が物語自体を語っているので、物語が進むと流すパートを1番から2番に変えるというこだわった演出も印象的です。こちらはED楽曲『気のせいかな』も同じような演出がされていました。もちろんこちらも名曲。

作りこまれた設定やネジレジア、バトルライザーなどのネーミングセンスも胸を高鳴らせました!

敵にはもちろん世間の人達にもその正体を隠しながらも、戦うのは等身大の高校生な主人公たち。ラストの世間に正体がバレ、「お前たちのせいで敵から攻撃されるんだ!」と非難される展開はとにかくアツかった・・・。


1位は

■1位 特捜戦隊デカレンジャー
『特捜戦隊デカレンジャー』


やはり1位は『特捜戦隊デカレンジャー』。サビ前の掛け合いと掛け声が本当にかっこいい。そしてこんな最高な楽曲をつくってくれたサイキックラバー様に感謝で涙が出る。

デカレンジャーを象徴するサイレン音はもちろん、イントロのギターリフがあまりにかっこよすぎる。

EDも人気が高く、ヒロインである茉莉花と小梅がメインとなる回では2人がメインボーカルを担当する「girls in trouble! DEKARANGER」が流れますがこちらもまた良曲なんです。

今思うと、デカレンジャーは良曲しか生まなかった。


大人になっても元気をくれる!スーパー戦隊シリーズはいいぞ

思い出補正がはいりつつ・・・やはり戦隊シリーズの楽曲たちは改めて聴いても甲乙つけがたいものばかりです。
戦隊 曲 <出典:http://blog.livedoor.jp/knighthawk7801/archives/51629592.html>
子供の時は、テレビの前で画面に映るヒーローたちと一緒に変身ポーズをして、一緒に歌って、もうそれだけで強くなった気がして歌詞や楽曲自体にはそこまで何も考えていませんでした。メインは悪を倒して正義を守るヒーローたちの活躍でしたから。

でも大人になると子供の頃の純粋な憧れの気持ちとかも少なからず薄れてしまって、作品の良し悪しはもちろん、今回の作品あんまり好きじゃないな、面白く無いな、、、と悪いところばかり見えてきてしまうんですよね。

それでも戦隊シリーズの曲を聴くと当時のことを思い出したり、自分が観ていなかった作品の曲でもなんだか気持ちがすこし若返ったような気がしてやっぱり戦隊ものっていいなあって思ってしまうんですよね(笑)
戦隊 曲 <出典:http://www.toei.co.jp/release/tv/1206726_963.html>
戦隊シリーズが40周年、50周年、これからもずっと人々の心の平和を守るヒーローであってほしいと筆者は願います。

気になる楽曲や作品があった方は、ぜひお近くのレンタルショップでチェックしてみてください♪

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

特撮の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!