動画サイト発のメガヒット作カゲロウプロジェクト、通称カゲプロとは

カゲロウプロジェクト(カゲプロ)とは、マルチクリエーターのじん氏が発表した楽曲群のことです。作曲家の神前暁氏から影響を受けた楽曲は、独自のストーリー感と作曲センスで絶大な支持を集めています。

カゲロウプロジェクト <出典:www.mouse-jp.co.jp>

今回は、そんなカゲプロの世界観をご紹介します。

カゲロウプロジェクトの生みの親の始まりは?

2011年に動画サイトに投稿されたじん氏の処女作「人造エネミー」が、後に大ヒットシリーズとなるカゲロウプロジェクトの始まりでした。

実はプロジェクトとして動き出したのは途中からで、連作であったことも後々に発表されるのですが、ボーカロイドが使用された楽曲は無名の処女作からヒットの片鱗を見せ、数多のボーカロイド楽曲が日々作り出されている中、投稿日にデイリーランキング119位という好成績で先陣をきっていたのです。現在は100万再生を超え、VOCALOID伝説入りと名曲として名を連ねています。

メカクシティアクターズ act 01「人造エネミー」 <出典:http://mekakushidan.com/>


繰り返される平行世界での様々な物語展開・・・!


カゲロウプロジェクトの舞台は、架空の現代日本風・・・ではなく、実は千葉県柏市です。

もちろん、ファンタジー要素が含まれているため現代日本の物語というには語弊があると思いますが、意外と身近なその舞台でカゲロウプロジェクトは、カゲロウデイズという「終わらないセカイ」の中で繰り広げられる少年少女の悲劇や奮闘を描いています。

これらの楽曲はじん氏によってバッドエンドであると明言されているようですが、曲自体に平行世界で様々な分岐があるためか、メディア展開によってアニメではハッピーエンドを迎えたため、小説や漫画も違う結末になる可能性を持っています。

カゲプロファンは結末や物語の過程が楽曲とどう異なるのかも要必見ですね。

悲劇や非日常だけが視聴者を引きつける要素ではありませんよ!

カゲロウプロジェクトには様々な能力を得た少年少女が登場し、平行世界を起こす現象でもある「カゲロウデイズ」を曲名にした楽曲では、そのキラーチューンとショッキングなストーリの中で何度も繰り返される悲劇が話題を呼びました。その他楽曲にも能力や平行世界の要素が散りばめられていますが、中にはポップな曲調とMVで少年少女らしい甘酸っぱいキュートな葛藤を描いたラブソング「夕景イエスタデイ」や、応援ソング「オツキミリサイタル」といったキャラクターの能力以外にスポットを当てた楽曲も登場しています。

ショッキングな要素が苦手というカゲロウプロジェクト未視聴の人も、ポップなじん氏の楽曲ならボーカロイド好きなら楽しめるのではないでしょうか。

カゲロウプロジェクトの結末は・・・

多くのファンを魅了するカゲプロは、楽曲としてはカゲロウプロジェクトの結末として「サマータイムレコード」が発表されています。しかし、小説など未完の物語にもじん氏が関わっているため、その世界は広がりを見せ続け、カゲロウプロジェクトファンを処女作発表の2011年からいまなお増やし続けているようです。

サマータイムレコード <出典:http://mekakushidan.com/>

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!