ゆるふわだけど、やるときはやる!それが小野大輔と近藤孝行のDATちゃんコンビ!

全員が1978年の午年生まれで結成された同い年の男性声優7人組のユニット「DABA(Dは反転)」。そのメンバーでもありながら、「小野大輔・近藤孝行の夢冒険 Dragon&Tiger(通称DDT)」でパーソナリティーを務めているのが、小野大輔さんと近藤孝行さんです。

まんさい 小野大輔 <出典:https://twitter.com/tosakenpi/status/663275870015000576>

DDTでは、同ラジオの番組のOP・EDを歌うため音楽ユニット「D.A.T」を結成し、積極的に音楽活動を行っています。

今ではすっかり定着した小野さんの有名なあだ名「小野D」は近藤さんが付けたんだとか。今回はそんな付き合いの長い二人の仲良しエピソードをご紹介します!


仲良しすぎて時には照れちゃうのが通常営業です

夢冒険 106 <出典:http://www.joqr.co.jp/blog/ddt/archives/2013/07/post_108.html>

同い年として長く交友関係にある二人のラジオDDTでは、毎回どれほど二人が仲良しかが痛いほど伝わってきます。

放送3年目となった2013年の106回目の放送では、ラジオ開始3年目を記念しお互いに向けて手紙を書くコーナーが放送されました。とはいうものの、手紙全てを二人に任せるとお互いに照れてふざけてしまうということでお互いへの手紙は予め作られたテンプレートの空白を自分たちで穴埋めする方式に。

まずは小野さんから近藤さんへの手紙。このラジオが放送決定した際小野さんは、「夢がかなった!」と感じたそう。友人であり仲間でもある近藤さんとのラジオは、小野さんにとってとても嬉しい出来事だったようです。

近藤さんに向けた手紙では他にも、近藤さんと初めて一緒にごはんを食べに行った記憶を問われていましたが小野さんは全く覚えておらず、近藤さんに後から訂正されるはめに。

近藤さんいわく初めて一緒にご飯に行ったのは、小野さんに「悩み相談聞いてくれよ」と言われて食べに行ったラーメン屋。そしてそこで明かされた悩みはなんと、「近ちゃんみたいにキャーキャー言われる声優になるにはどうしたらいいんだろう」という可愛い悩み。こちらも小野さんは全く覚えておらず、「悩み浅!!言ってねーよ!!」と素で照れまくり。

先ほどの悩みについては全く記憶がなかった小野さんでしたが、「現場にいる時の近ちゃんの居方(雰囲気のこと)いいよね」とは言った覚えがあるようで、「今なら、凛としてる、華やかな感じでちゃんと自分を持ってるって言えるのに…」と付け足し。小野さんは初めて一緒にご飯に行った頃から近藤さんに憧れや尊敬の気持ちを持っていて、その気持ちは今も変わらないようです。

次は近藤さんから小野さんに向けての手紙。二人の仲が縮まったのは海外ドラマ「glee」の吹き替え現場で共演した時だと打ち明けました。また、小野さんのいいところは「周りの人へ細かい気遣いができる」「何より相手のことを頭ごなしに否定しない」「相手のことをすごく尊重する」ととにかくべた褒め!

またも照れまくる小野さんに、人のいいところを言うのに照れる必要はないと近藤さんがサラリ。これに対して「かっこいいねー!」と投げかける小野さんに、最後はさすがに照れてしまった近藤さんでした。

小野さんと近藤さんがお互いを尊重しあっている様子は、二人がとても仲が良いからこその気持ちの現れとも言えるでしょう。通常のラジオ放送でも、二人がお互いを褒め合っている姿は日常茶飯事。

お互いを褒め合って、時には照れる、でも褒める。小野さんと近藤さんは外から見てもお互いを尊重しあっているのが伝わってくるほど素敵な関係なのです。



D.A.Tはこの二人だからこそ成立している!

<出典:https://youtu.be/aaIzW3Rd8oo>

DDTから派生したユニットD.A.T。ファンからは「だっとちゃん」と呼ばれ親しまれており、こちらでの活動も二人の仲の良さが十分に発揮されています。

小野さんはD.A.T以外でも個人名義で音楽活動をしていますが、D.A.Tでは小野さん個人での音楽活動以上にハードなダンスを披露。D.A.Tの楽曲は多くがアップテンポなダンスナンバーであり、ライブや楽曲のPVでは小野さんと近藤さんのかっこいいダンスパフォーマンスが見られます。

最初のシングル「VS」から小野さんと近藤さんが対になるダンスのフリが随所にあるD.A.Tのダンス。二人のダンスは新曲のたびに激しさと難易度を増し、それに合わせて求められるのは「二人がどれだけ息のあったダンスが見せられるか」。

二人はライブやPV撮影があるたびに本業の合間を縫って猛練習を重ね、特に近藤さんは以前と比べると10キロほど体重を落とし、さらに練習のしすぎで肉離れをおこしたこともあるほどストイックに練習。そのかいもあってか、毎年D.A.Tが出演する「MARINE SUPER WAVE LIVE」ではこの課題を見事にクリアし、息ぴったりのパフォーマンスを披露してお客さんを魅了。

以前行われたワンマンライブのMCでは、お前とじゃなかったらコンビを組んでいなかったよ!というニュアンスの話をとっさに小野さんが言い放つ場面もあったそう。

普段は二人の人柄がわかるようなほんわかトークが多い小野さんと近藤さんですが、D.A.Tで見せる男らしいパフォーマンスはまさに圧巻。やるときはやる!というこのギャップに魅力を感じる人も少なくないのではないでしょうか?


二人のいつまでも変わらないほんわかさに癒やされて

小野大輔 近藤孝行 <出典:http://www.joqr.co.jp/blog/ddt/archives/2013/09/index.html>

かっこよく決めるD.A.TのPVの撮影やダンスの練習中でも、休憩中の二人はいつもどおり。休憩時間に妖怪ウォッチのようかい体操第一を踊って笑い合ったり、DDTで見せるような他愛もないかけあいでふざけあったり。

ある日のDDTでは、近藤さんが大好きな乃木坂46のライブに連れて行ってもらったと語った小野さん。ライブの感想を聞かれると、最後には「僕の一番の推しメンは近ちゃん」と締めくくりました。せっかくライブに連れて行ってもらったのに、小野さんがライブ中一番見ていたのは隣にいた近藤さんだったんだとか。普段から会っているのに、小野さんはどれだけ近藤さんのことが好きなんだ!とツッコみたくなりますよね。

小野さんも近藤さんも、普段からツッコミをするというよりは周りからいじられ愛される存在。DDTなどで聞ける二人の会話は、基本的にはゆるくてふわふわ。聞いているこっちがクスっと笑えて癒やされてしまうような所が二人の魅力の一つです。

しかし、そんな会話の中でも、けじめをつける場面では真摯に真面目に話し合うところに、二人の信頼や深い絆が感じられるんだとか。先日DDTで小野さんが長年所属していた事務所を退所しフリーになった報告をした際も、近藤さんは優しい声で相槌を打ち、彼の報告を見届けていました。

mswl dat <出典:http://www.otomember.com/archives/1028717784.html>

「小野大輔・近藤孝行の夢冒険 Dragon&Tiger」は、二人やリスナーの夢を叶えていく、というのがコンセプトの番組。D.A.Tとしての活動はもちろんのこと、最近では二人が原作者となった漫画も発売され、DDTではリスナーも含めた全員で一つずつ様々な夢を叶えていく姿が印象的です。ラジオでは、新しい活動を行う際はどんなことにも納得がいくまで意見を出し合って、「二人で叶えていこう!」と声を掛け合う二人。

お互いが唯一無二の友人であり相棒である、小野大輔さんと近藤孝行さんのD.A.Tちゃんコンビ。二人はこれからも、私達と一緒に夢を叶えてくれる存在であり続けます!

コメントを投稿する

1 件のコメント

  • センヤ より:

    この二人って、見ていて微笑ましい!
    いつも癒されてます。
    大好きです。

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!