初音ミクの未来を切り開いた”supercell”

皆さん”supercell”というアーティスト集団をご存知でしょうか!?

supercellロゴ <出典:natalie.mu>

今でこそ世界的に有名な『初音ミク』ですが、音声合成が出来るDTM(デスクトップミュージック)が大きく世に知れ渡っていなかった頃、
「メルト」を普及し始めのニコニコ動画に投稿し、一躍注目を集め、ニコニコ動画や初音ミク文化の活性化に一躍かった集団です。
ここではそんな”supercell”という集団の来歴や音楽性について(簡単に??)触れていきます。

来歴と構成

supercellの主なメンバーをご紹介します。

ryo:コンポーザー(作詞、作曲、編曲)

三輪士郎(@zi38):イラスト(セブンスドラゴン他)

huke:イラスト(STEINS;GATE、ブラック★ロックシューター他)

redjuice(@shiru):イラスト、デザイン(BEATLESS、Project ITOH、ギルティクラウン他)

他数名

今では有名になったイラストレイター方も多く参加しています。

supercellと言うのは先程から言っているように団体です。

メルト <出典:b.hatena.ne.jp>

そもそもの始まりはニコニコ動画にてryo(以下略称)が2007年に「メルト」をアップロードし、そのビジュアルに無断でイラストを使用してしまった小事から始まる。そこでイラストレーター”119”と知り合い。そこからのつてで現在のメンバーと知り合います。

 

そこで初めてコンポーザーとイラストレイターがユニットを組むsupercellが結成されました。
supercellとは英語で”積乱雲”を意味し、色んな物を巻き込んで上昇していくことが意味されています。
実際この集団に影響された者達は数知れません。

supercell <出典:www.amazon.co.jp>

そんなsupercellの第一期とも言える活動が始まり、2009年にメジャーデビューアルバム「supercell」を発売するに至ります。

supercellのもつ音楽性


supercellは数多くのアニメタイアップもこなしてきたが、その歌の声は日に日に変わっています。というのもお気づきの方もおられるかと思うがsupercellには固定のボーカルは存在していません。

今では珍しくなくなってきているがゲストボーカルとしてアーティストをsupercellに招いています。ではどのような変遷だろうか!?

 

第一期[2007~2009]:初音ミク

第二期[2009~2011]:nagi〈後のやなぎなぎ(@yanaginagi)〉

第三期[2011~2013]:こゑだ(@Chokoeda)

(*公式に変わったわけではないが、こゑだ自身がソロデビューしているので、現在はゲストボーカル不在)

 

となっています。
初音ミク時代は先ほど話したので第二期から話を再開したいと思います。

ニコニコ動画の頃より交流のあった歌い手「ガゼル」のnagi(以下略称)をゲストボーカルに据えて楽曲を制作し、アニメ作品へのタイアップなどを始めたのが第二期。

supercell <出典:www.amazon.co.jp>

「滑らかでいて広い声域をもち、素直さと儚さが同居している」と評され、当時一般アニメ界ではほぼ無名に近かったsupercellとnagiはTVアニメ「化物語」のED『君の知らない物語』を2009年にリリース。

 

オリコンランキングトップチャート入りし、supercellの名前を世に轟かせました。
また現在でもカラオケランキングでは上位から陥落することはなく、アニメを知らない人でもこの曲は知っている名曲となりました。

Today Is A Beautiful Day <出典:www.amazon.co.jp>

その後二枚のシングルをリリースし、2011年に二枚目のアルバム「Today Is A Beautiful Day」をリリース。
nagiの声色に合わせたミディアム調の曲を多く入れたゆったりとしたアルバムです。

 

そして、2011年の当アルバムをもって名残惜しくもゲストボーカル”nagi”を招いての楽曲制作は締めくくられたのでした。


ボーカルの変遷 "こゑだ"

そして時を同じくするかのように2011年5月26日に公式ホームページ内の公式ブログにてひっそりと第三期を一緒に戦っていくゲストボーカルを募る書き込みがされたのでした。今回は今までとは違いオーディションという形ということで、supercellを愛してやまないファンや敬愛する歌い手達がこのオーディションに応募。

なんとその数約2000人その中選ばれたのが第三期のゲストボーカル”こゑだ”(以下略称)なのです。

My Dearest <出典:www.amazon.co.jp>

そして、”こゑだ”を迎えての楽曲、supercellの4thシングルとなる『My Dearest』へと至るのです。

ギルティクラウン <出典:www.fujitv.co.jp>

この楽曲は2011年10月より放送されたノイタミナ系列TVオリジナルアニメ『ギルティクラウン』のOPに起用され、作品にはsupercellのredjuice(以下略称)がキャラクターデザインで起用されており、またEDでは劇中の架空のアーティスト”EGOIST”が担当しコチラの楽曲制作もsupercellのryoが担当するなど、supercellの大プロジェクトとなったのです。

EGOIST <出典:www.amazon.co.jp>

これを気にさらにsupercellという名は世に知れ渡り、同じくノイタミナ系列のTVアニメ「ブラック★ロックシューター」では楽曲制作した「ブラック★ロックシューター」のアニメ化。
「ねらわれた学園」、「マギ」、「刀語」などの主題歌を担当。
アニメシーンでも欠かせない存在へと発展していきます。

ラブミーギミー <出典:出典先名www.amazon.co.jp>

また2012年12月にはsupercellのryoが全面プロデュースするTiaの活動が開始。

supercell 3rd album ZIGAEXPERIENTIA <出典:www.supercell.jp>

そして、2013年11月に三枚目のアルバム「ZIGAEXPERIENTIA」をリリース。
第二期同様にアルバムを期にこゑだをゲストボーカルに据えた第三期は活動を停止。
現在2016年に至るまで、supercell名義の新作が発表されていないこと、またはこゑだのソロデビューに伴い、実質第三期は終局を迎えたといえるでしょう。

supercellのもつ音楽性

supercellの音楽性はryoが根底に持つ世界観を基準にしつつも、それぞれのボーカルの特徴に合わせた楽曲を生み出しています。

 

ryoによる作詞では普段の生活では言えず、かつ古典的な堅い言葉ではなくキャッチーな言葉を使用する事が多いです。
まるで、アニメのセリフのようにも聞こえながらも、現実味を帯びており、女の子視点であろう曲が大半であり、男の子が夢描いている女の子像が描かれているのも特徴的です。

 

ボーカルでの特徴としては初音ミクがゲストボーカルの時は「メルト」のようなサビで高音歌唱を求めるような人ではなく機械にしか再現できない音楽を作成していました。
(余談ですが、前述のように一見、機械にしか再現できないような楽曲を制作しているように思えますが、他のボーカロイドを使用しているアーティストの楽曲を聞き比べてみると、ブレスの位置などがはっきりしてたりすることから、比較的ボーカロイドを人間に近い媒体として使用していた風に思われる点も多々見えてきます。)

 



 

第二期のnagiではなめらかで透明感のある声からストレートに思いを伝えようとする青春感あふれる楽曲が多く作られ、初音ミク時代からのキュートな曲も健在。全体を通してはミディアム調の曲が多く作られています。supercellのボーカルといえばnagiと言われるほどの認知度が高い時期になります。

 



 

第三期のこゑだでは過去最多のアニメタイアップをしたこともあり作風はまちまち、和物もあれば、ストリングとピアノで聴かせるもの、落ち着いたバラードなどなど。ですが、バンド構成で演奏される音楽が傾向でした。ボーカルの声質は椎名林檎のような独特のもので、前ボーカルとの声質の差でファンの間でも賛否両論ありました。しかし、アルバムでは彼女の声質でしか表現できないようなシャウトする楽曲や、社会へ問題を投げかけるような楽曲が多く入っていて、今までのsupercellとは違いダークな面を多く含んだアルバムになりました。

 



supercellの見せてきた世界

ニコニコ動画での初音ミクブームを生み、アニソン等も担当してきたsupercell。
2013年よりsupercell全員での活動がなされていませんが、個人ではそれぞれイラストの活動、プロデュースの活動をしています。

Project ITOH <出典:www.cinematoday.jp>

最近ではノイタミナによる「Project ITOH」の『屍者の帝国』『ハーモニー』ではryoがプロデュースする「EGOIST」が主題歌を担当、キャラクターデザインがredjuice担当するという形で、同じ作品で関わりあうことがありました。

 

現在音楽面で活動が続き人気のある「EGOIST」や「Tia」も過去をたどれば「supercell」の系譜を受けています。
全ての原点である「supercell」に対するファンの期待は未だに衰えることがありません。

 

今後何らかの形でsupercellが活動再開されることを楽しみに待ちましょう。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!