劇場版『Fate/stay night Heaven's Feel』とは・・・・・・?

2014年にアニメーション制作会社"ufotable"によってアニメ化された『Fate/stay night UBW』、圧倒的な作画で話題を呼び、熱いストーリーで視聴者を魅了したFateシリーズの新編『Fate/stay night Heaven's Feel』が劇場映画化されます!
今回は過去の『Fate』シリーズについてと、劇場版情報をお届けしたいと思います。



Fate/stay night Heaven's Feel
<出典:mantan-web.jp>




『Fate/stay night』って?

「そもそも『Fate/stay night』って?」という方も多いと思います。『Fate/stay night』は2004年にTYPE-MOONから発売されたPCゲームのことです。

2006年にアニメーション制作会社"スタジオディーン"により『Fate/stay night』が初めてアニメ化されました。



img_0_m
<出典:blogs.yahoo.co.jp>



次に、2010年に遠坂凛ルートとなる『Fate/stay night UBW(Unlimited Blade Works)』の劇場版が公開。



fate/stay night ubw
<出典:unitedunlimited.net>



2011年に『Fate/stay night』を本編とするスピンオフ作品『Fate/Zero』がアニメ化。



Fate/Zero
<出典:matome.naver.jp>




そして2014年に『Fate/stay night UBW(Unlimited Blade Works)』のリメイク版がアニメ化しました。



Fate/stay night UBW
<出典:matome.naver.jp>




『Fate/zero』についてはニトロプラスの虚淵玄が小説を書き、それがアニメ化となりました。

どれも素晴らしい作品ですが、物語の時系列的には『Fate/Zero』→『Fate/stay night』というふうになっています。







『Fate/stay night Heaven's Feel』の見所は?


基本的なストーリーはどの作品も同じです。七組の魔術師とサーヴァントである英霊がバトルロワイアルを繰り広げる聖杯戦争、勝者は万能の願望器である『聖杯』によって何でも願いが叶う・・・・・・

『Fate/zero』では第四次聖杯戦争が、『Fate/stay night』では第五次聖杯戦争が描かれています。

『zero』の特色は、主人公の衛宮切嗣の物語で、彼の願いは「世界の恒久的平和」。10を助けるために1を殺すことを選択する彼の聖杯戦争を描いたのが『zero』なのです。

『Fate/stay night』の導入としてのストーリーでもあるので、所々複線的なものが含まれています。




衛宮切嗣
<出典:matome.naver.jp>




そして『Fate/stay night』では、衛宮切嗣の息子の衛宮士郎が主人公。正義の味方という理想をかかげ、自分がどうなろうと、他人を救いたいという理想主義の彼を主軸とした聖杯戦争の物語です。



Fate/stay night
<出典:komicolle.org>






劇場版『Fate/stay night Heaven's Feel』とは?

では、今回劇場映画化される『Fate/stay night Heaven's Feel』とはどんな話なのでしょうか?

『UBW』では遠坂凛ルートを描き、無印の『Fate/stay night』ではセイバールートを描きました。

そして今回の『Heaven's Feel』では間桐桜ルートを描きます。



間桐桜
<出典:matome.naver.jp>




公式サイトの文句では「『Fate/stay night」における「Fate」「Unlimited Blade Works」2つのシナリオを踏まえた上で語られる作品の最終形を成す物語。」となっています。作中で最も長いシナリオで聖杯戦争そのものの核心に迫るルートでもあります。

そして、制作段階でお蔵入りしてしまったイリヤスフィール・ルートとしての側面も含んでいます。






<出典:www.youtube.com>





『Fate/stay night Heaven's Feel』の見所は?

間桐桜ルートを描く『Fate/stay night Heaven's Feel』ですが、公式サイトでも公開されている黒いセイバーとはいったい...
これは桜ルートにて登場するセイバーのもうひとつの姿で、少しネタばれをすると聖杯の泥の呪いを全身に受けて黒化した姿であり、髪の毛の色素も抜け、瞳は金色に近くなっています。全身を覆う鎧も漆黒に染め上げられています。


セイバー
<出典:blog.livedoor.jp>






今までの作品と違うところは、主人公の衛宮士郎が唯一正義の味方の信念を変更したルートであり、「全体を救うのが正義である」という少年の頃からの信念を捨て、「愛した一人の女を救うべきだ」という新しい信念を持った士郎も見所ですね。





とりあえず前作2つは観よう!

まだ公開日が未定の『Fate/stay night Heaven's Feel』ですが、それまでに『Fate/stay night』と『Fate/stay night UBW』を見ておくことをおすすめします。

各ストーリーの複線や、どの場面でルートが分かれたか、そしてそれぞれの作品でのキャラクターの立ち振る舞いなどに注目してみるとますますFateシリーズを楽しむことが出来るでしょう。

製作中の『Fate/stay night Heaven's Feel』のストーリーは今までの作品と比べ一番長く、かなりの鬱展開だと評されています。劇場版ではどのような形で公開されるのかが非常に楽しみですね!

タグ Fate
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!