泣けるアニメあの花がついに実写ドラマ化!!そのキャストや見所は・・・

気になるキャストは!?

今回のスペシャルドラマに対し、期待の若手俳優、女優陣が勢ぞろいしています。

メインキャスト6人については、主人公「じんたん」を演じるのは村上淳の息子村上虹郎、ヒロイン「めんま」を演じるのは連続テレビ小説「まれ」に出演している浜辺美波、学校の優等生「ゆきあつ」を演じるのは志尊淳、ちょっと引っ込み思案「あなる」役は松井愛莉、しっかり者「つるこ」役は飯豊まりえ、元気で前向きであり、みんなの弟分である「ぽっぽ」高畑裕太が演じることになっています!


anohan
<出典:topicstrendy.com>





原作を知らない人にもわかる簡単なあらすじ紹介


秩父のある夏の日、引きこもりの少年「じんたん」の前に昔事故で死んだはずの少女「めんま」が突如として現れた、しかもあの亡くなった日と同じ白いワンピースを着て、そしてちょっと成長した姿で・・・。

「めんま」は「じんたん」に生前やり残した願いがあり、心残りで幽霊として戻ってきたと言う。しかしその肝心の願いを「めんま」は覚えていない。



あの花
<出典:tweetvite.com>




その後「じんたん」は意外な人々―「めんま」の事故死をきっかけに決裂した「超平和バスターズ」の幼なじみ達と再会することになる。そしてその再会を通して「じんたん」は気づいてしまう、「めんま」が見えているのは自分だけということに・・・。



あの花
<出典:blog.livedoor.jp>




このドラマの見所や評判は?

このドラマは原作であるアニメは泣けると巷で評判であり、実写版であるこのドラマも非常にファンからの期待値が高いものとなっています。見所は、やはり幼なじみの絆、友情の尊さといった部分と言えます。

「めんま」の事故死をきっかけに決裂した幼なじみたちの衝突、そして幽霊として現れた「めんま」の願いを叶えるために悪戦苦闘することを通して取り戻していく絆といったものが挙げられます。

幼なじみであるからこそ、理解しあえたり時には衝突してしまったりといった、現代の大人が少し忘れてしまっているようなモノがこのドラマには詰まっています。





原作を知っている人も知らない人もお勧めのドラマ!

アニメでは表現しきれない実写ドラマならではの表現がこのドラマには詰まっています。元々この作品を知っている人も知らない人にも、ぜひ見てほしいです!夏を締めくくるようなこのドラマで思い切り泣いてみましょう!放送は2015/9/21日で終了してしまいましたが、見逃した方は「FOD(フジテレビオンデマンド)」にて現在配信中ですので、ぜひお早めに視聴しましょう!!


フジテレビオンデマンド
<出典:www.fujitv.co.jp>

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!