値段・本数・画質……アニメ配信サイトはどこがイイ? 有名どころを比べてみた!

ここ5年ほどで爆発的に普及した動画配信サービス。

安い料金でたくさんの作品が見放題だったり、放送しているアニメを見逃してしまった際に後から見ることができたり、何かと便利ですよね。

あなたも動画配信サービスを活用していますか?
動画配信 アニメ <出典:http://girlydrop.com/girls/3382>
動画配信サービスにはたくさんの種類があり、それぞれにウリや特徴があります。

いざ選ぶとなると、一体どれにしようかと悩むところです。

そこで今回は、特に人気の高いサービス3件を、比較しながらご紹介します。これから利用をお考えの方は、ぜひサービス選びの参考にしてみてくださいね。

「dアニメストア」はどんなサービス?

値段:月400円
本数:約1,600作品
※無料期間31日間あり
https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/tp_pc

「dアニメストア」は、パソコンでもスマホでも視聴可能な、月額400円というお手頃価格のサービスです。
dアニメストア <出典:https://smhn.info/201311-d-anime-store-for-iphone>
新しい作品をいち早く見放題で配信しているのがウリで、まだテレビで放送中の最新アニメも、期間限定で視聴できます。

もちろん、古い作品も幅広くカバー。

1960年代から1980年代にかけての懐かしいタイトルもそろっています。

現在でも、新作から旧作まで次々と作品が追加されており、HD画質のものも増加中。

配信作品のリクエストフォームも設けられていますから、多くの声が集まれば、積極的にリクエスト作品を配信してくれるようです。

作品のサーチ機能は、「タイトル50音順」の他に、「キーワード検索」や「ジャンル検索」を搭載。
動画配信 アニメ <出典:http://jin115.com/archives/52134103.html>
中でもキーワード検索はとても優秀で、タイトルだけでなく声優や登場キャラクターでの検索も可能です。

dアニメストアでは、アニソンのミュージッククリップ配信や、「アニメイトオンラインストア」と提携してのアニメグッズの販売も行っています。

アニメの視聴はもちろん、アニメに関する様々な商品が、ここだけで購入できるようになっているのです。

動画の質にも力が入れられており、画質は「普通」「きれい」「すごくきれい」「HD(一部作品のみ)」の4種類から選べるようになっています。

スマホでの視聴なら「普通」でも問題なく見られるクオリティです。

「すごくきれい」を選択すれば、ハイビジョンテレビなどの大きなディスプレイで見ても、粗が目立ちません。


「バンダイチャンネル」はどんなサービス?

値段:無料会員なら0円、見放題が利用できる有料会員は1,000円
本数:約2,800作品以上(見放題の対象は約1,000作品ほど)
※無料期間はなし
http://www.b-ch.com/

「バンダイチャンネル」はアニメ作品に特化した配信サイトです。
バンダイチャンネル <出典:https://www.amazon.co.jp/BANDAI-CHANNEL-CO-LTD-%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A2/dp/B00AO37PU6>
旧作から新作まで、2800作品にもわたる充実のラインナップをほこっています。

アニメだけでなく、特撮作品が数多く配信されているのも特徴です。

特撮の俳優がアニメで声優を担当していたり、逆に、特撮キャラクターの声を声優が当てていたり……アニメと特撮は、意外と縁のあるコンテンツですよね。

どちらもファンだという方には、特にオススメです。
動画配信 アニメ <出典:http://natalie.mu/eiga/news/183829>
ほとんどの作品は、無料会員でも第1話を視聴できるようになっています。

気に入った作品が見つかったら、有料会員になってみてもいいかもしれません。

もちろん、第2話以降のレンタル(視聴権利を買うこと)も可能です。

レンタルの場合は1本216円程度で、視聴期間は2日~1週間となっています。

月1,000円の有料会員になると「見放題マーク」がついている作品をすべて視聴できるようになります。

シリーズ全話が見放題の対象になっている作品も多いのですが、中には2期以上続いているアニメの1期だけが見放題となっている場合もあります。

作品のサーチ機能は「50音順」の他に、「ランキン」「新着」「ブランド別」「高画質対応」でも探せるようになっています。

まだ配信されていない作品でも「入荷予定作品」として配信開始日がまとめられているのが便利ですね。

各種イベントが盛りだくさんなのも、バンダイチャンネルならでは。


ライブ配信をTwitterのハッシュタグで実況する「みんなでストリーム」や、Blu-ray作品・フィギュア等のグッズが当たる「プレゼントキャンペーン」も魅力的です。

動画を見るだけでなく、何かとにぎやかで楽しいサイトとなっています。

画質に関しては、DVDより少し低いぐらいの作品がほとんどですが、これでも作品を楽しむには十分なクオリティでしょう。

HD画質の作品も、増えつつあるようです。

「hulu」はどんなサービス?

値段:月1,007円
本数:約1,3000作品(アニメ以外も含む)
※無料期間2週間あり
http://www.hulu.jp/

「hulu」は映画・ドラマ・アニメを扱う、総合動画配信サイトです。
hulu <出典:http://www.hulu.jp/tv/countries>
月額の1,007円ですべてが見放題となりますので、アニメ以外の作品も見たい方にオススメです。

アニメのラインナップは、有名作や人気作が中心。

隠れた名作などは見つけにくいですが、話題となっている作品を追うだけなら、十分な品ぞろえでしょう。
動画配信 アニメ <出典:http://shinmai-web.com/post-3080/>
サイト内で映画やドラマも配信しているため、アニメの劇場版や実写版なども同時にチェックできるのが便利ですね。

ちなみに、画質はHD画質に対応しています。自宅でも出先でもHD画質で動画が見られます。

最後に

今回は、3つの動画配信サービスについてご紹介しました。

それぞれに違った良さがありますから、もっとも自分に合ったものを選んでみてください。

サービスを上手に利用すれば、あなたのアニメライフがさらに充実すること請け合いですよ!

タグ
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!