ヒット作の宝庫!京都アニメーションのオススメアニメはこれだ!

数ある日本のアニメ制作会社の中でも、多くの人に名前が知られているのが「京都アニメーション」です。元々は大手アニメーション会社の下請けとしてアニメーション制作を行っていましたが、2003年に『フルメタル・パニック? ふもっふ』、2005年に『AIR』を手がけ、その作画の美麗さにすぐに人気制作会社の仲間入りを果たしました。

「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「日常」…アニメ好きなら、京都アニメーションが制作したアニメを一度は見たことがあるのではないでしょうか?
京都アニメーションが手がけた作品はどれも社会現象を巻き起こすほどの大人気アニメになりますよね。そこで今回は、近年ヒットした京アニを代表するアニメ作品3つをご紹介します!


京アニの看板アニメ!「けいおん!」

けいおん
<出典:livedoor.blogimg.jp>

「けいおん!」は、かきふらい原作の同漫画を京都アニメーションが2009年にアニメ化した作品です。2009年にアニメ第一期、2010年に「けいおん!!」と名前を変えて第二期、そして2011年に新作劇場版を公開するほか、関連CDがヒットチャート入するなどまさに社会現象を巻き起こした作品となりました。

主なあらすじはこちら。桜ヶ丘高校軽音部に入部した高校一年生の田井中律(りっちゃん)は、このままだと部員が自分しかおらず、部が廃部となってしまうことに困っていました。そこで半ば強引に幼なじみである秋山澪(みお)を軽音部に入部させ、たまたまその場に間違って訪れた琴吹紬(ムギちゃん)も勧誘に成功。そこに現れたのが、「軽音部」を「軽い音楽をする部活」と勘違いして入部したこの物語の主人公、平沢唯(ゆい)でした。練習という名のお茶会を繰り広げつつ、可愛い後輩、中野梓(あずにゃん)も加わり、唯とその周りの人達によるとてもゆるーい女子高校生活を描いたのが「けいおん!」です。

アニメ本編はゆるいギャグテイストで、見ている人たちを癒やしてくれます。しかし、高校の文化祭で一生懸命に演奏を披露する彼女たちの姿はまさに青春そのもので、感動が詰まっています。
さらにアニメのOPとEDも見どころの一つ!彼女たちが組んでいるバンド『放課後ティータイム』は唯と澪が楽曲によってメインボーカルの立ち位置を入れ替えるツインボーカルで、OPは唯が歌う明るくポップな楽曲、EDは澪が歌うクールでかっこいい楽曲と印象もガラリ。普段の彼女たちとのギャップにも注目ですよ。
けいおん
<出典:matome.naver.jp>

アニメが放送されていた頃は唯が使用していたギターがかなりの人気になり、軽音部ブーム、さらには社会現象へと発展しました。物語は唯・澪・紬・律の大学進学により幕を下ろしますが、桜ヶ丘高校軽音部の彼女たちの青春は今もなお、色あせません。




痛さは強さ!京アニ的ラブコメ「中二病でも恋がしたい!」


中二病でも恋がしたい
<出典:www.youtube.com>

正体不明の作家・虎虎による第一回京都アニメーション大賞奨励賞を受賞した同名ライトノベルを2012年にアニメ化した「中二病でも恋がしたい!」は、2013年に「小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜」と題して劇場版アニメ化、さらにその人気は留まらず2014年にはアニメ二期となる「中二病でも恋がしたい!戀(れん)」も放送した京都アニメーションが誇る青春ラブコメディです。

タイトルにもあるように、テーマは中二病。誰しもが持つであろう"黒歴史"、主人公の富樫勇太のそれはかつて自らを「ダークフレイムマスター」と名乗り、右腕には黒炎竜の力を封印している。(設定)その力を狙う組織や過去の敵の生まれ変わりと戦う宿命がある。(設定)というもの。ちなみに決め台詞は『闇の炎に抱かれて消えろっ!』そんな、邪気眼系中二病患者だった勇太はそのせいで中学時代はクラスになじめずにいました。中学卒業とともに中二病にも卒業し、高校生活を華々しいものにするため"中二病は生涯封印"することを決めました。しかしそんな矢先に出会った少女、小鳥遊六花は現在形の重症中二病患者。その右目には邪王真眼を宿し、普段はその力を封印するため眼帯をしています。まるで昔の自分を見ているかのようで、六花のことを放っておけない勇太と、なにかとトラブルに巻き込まれる六花を中心に王道ラブコメを繰り広げていきます。

原作からアニメ版になる際、キャラ設定や内容が大きく変更されたものの、より各キャラが勇太に近い存在に設定されたことでストーリーに入っていきやすくなりました。また「けいおん!」同様にOPやEDなどの楽曲でも話題を集め、1期2期ともに次世代アニソン女王ZAQが楽曲を担当。特にアニメ1期OPの『Sparkling Daydream』はサビで六花が指をくるくる回す振りが可愛い!とすぐさま話題になり、さまざまなパロディが誕生しネット上に溢れました。
六花 OP
<出典:matome.naver.jp>

六花の中二病はただかっこいいから!自分ならなんでもできちゃう!という過信のようなものではなくて、過去の家庭の事情によるものからきていました。その事情とは一体何なのか、真実は何なのか、中二病なことはいけないことなのか、六花だけでなく勇太を含む周囲の人々がそれぞれに自分自身と向き合いながら、進んでいくストーリーは中二病を経験した人もそうでない人も共感できること間違いなしの作品です。





京アニの新たなる挑戦!「Free!」

Free
<出典:matome.naver.jp>

最後に紹介するのは、2013年7月8日にKAエスマ文庫から発売された、おおじこうじ原作のライトノベル『ハイ☆スピード!』を原案にして、2013年に第一期、2014年に第二期を放送し、こちらもかなりの話題を呼んだ「Free!」です。
京都アニメーションは長年「女の子が主人公」で、周りの登場人物も女の子が多めの作品を得意としていました。そんな京アニが挑戦したのが、「男子が主人公」である「Free!」です。

舞台は水の中。主人公である七瀬遙、橘真琴、葉月渚の三人は小学生時代から同じスイミングスクールに通っていた仲間。ある日同じく一緒に時を過ごしてきた友達・松岡凛との再開をきっかけとして、三人は陸上部から竜ヶ崎怜を勧誘し、岩鳶高校水泳部を創部。「Free!」は、そこから始まる「泳ぐのは好きだが競泳は嫌い」という遙の心境の変化や、遙を中心とする周りの登場人物たちの思春期ならではの繊細な心の動きを、「友情」と「水泳」を通して描いた作品です。第二期では、遙たちとは違う高校に通う松岡凛の幼なじみ、山崎宗介が物語に加わり、登場人物の心境は交錯し合い、さらに複雑に。自分たちの進路や、彼らのアイデンティティも掘り下げた濃い内容となっています。
Free 等身大パネル
<出典:livedoor.blogimg.jp/>

この作品の魅力はなんといっても「公式が病気!」。監督のイチオシポイントが「水と腹筋」だったり、公式グッズの絵の構図がちょっとおかしかったりと、これまでに何度も話題になっています。物語の展開はもちろん、公式で上げられている・販売されている絵など「それ、絶対BL狙ってない?」と思わずこっちがツッコんでしまうポイントが作品の随所に散りばめられており、公式が何か供給を行うたびに、腐女子歓喜の展開に。
もちろんそういうアニメではありませんが、制作スタッフが「遙たちの入ったプールはレモンの味がする」と発言して話題になったり…ファンと公式、どちらも良い勝負なのかもしれません。
たまこまーけっと
<出典:www.oricon.co.jp>

京都アニメーションの最大の魅力はなんといっても作画の綺麗さにありますが、特に特徴的なのがキャラクターの「目」。透明感のある目は私達を惹きつけてやみません。また京アニ作品の背景は、簡単に聖地が特定できてしまうほどの美麗さ。ほとんどの作品が京都近郊を作品の舞台としており、多くの人が毎年京アニ作品の聖地巡礼に訪れます。Free!の舞台は鳥取県と少し遠方ですが、アニメ放送時期は聖地巡礼にかなりのファンが訪れ、聖地周辺の活性化にもつながりました。

ここまでみてきたのは京アニ作品の魅力のほんの一部。実社会をも大きく動かしてしまうほどの影響力を持した作品たちを現在に至るまで多く輩出してきました。あなたの心に刺さるような作品が京都アニメーションはきっとあります。是非、お気に入りの京アニ作品を見つけてみてくださいね!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!